アカデミー賞

「LA LA LAND」アカデミー賞史上最多のノミネート…結果は?

今日はアメリカでアカデミー賞の発表がありました。
私がハマっているLA LA LANDは、史上最多のノミネートだったんだとか。
そうですねぇ。
作曲や衣装、美術に関する賞は受賞するんじゃないかなーと私予想。
作品賞も、LA LA LANDで堅いなんていわれていますけどね。
他の作品がまだ日本で公開になっていないのでなんとも言えませんが、どうかなーそうだったら嬉しいけどな-な気分でした。

私の予想どおり、LA LA LANDは、作曲賞、歌曲賞を受賞。
ですよね、ですよね。
そりゃそうですよ。
素晴らしいですもの。LA LA LANDの音楽。
衣装はファンタスティック・ビーストでした。
残念。
でも、ハリーポッター好きだからいいや。

他にも美術賞、監督賞、主演女優賞を獲得。
エマ・ストーンがとってもよかったから主演女優賞は嬉しいな。
美術賞も、納得。
カラフルな色彩にレトロな舞台、オシャレな世界観。
ホント素敵でした。

作品賞もこのまま取っちゃうじゃないかと思ったのですが、なんと作品賞は逃したLA LA LAND。
しかも、最初LA LA LANDと発表されておきながら、手違いでムーンライトが作品賞でしたーというなんともドタバタした発表だった模様。
まだ、映像では確認していませんが、なんていうか。
アカデミー賞って出来レースじゃなくて、本当にライブなんだなー
とそんなことを思ってしまいました。

 

アカデミー賞

 

LA LA LANDが作品賞を逃して残念ではありますが、なんていうか。
これでLA LA LANDが作品賞を取ってしまったら筋書き通りすぎるというか。
そうはいかなかったかーとなるこの感じも悪くないなーなんて思ったりして。
作品賞を受賞したムーンライトはまだ日本で公開になっていません。
どんな映画なのか興味津々です。

LA LA LAND

「LA LA LAND」~とっても良かったけど、評価は賛否両論分かれると思う

待ちに待ったLA LA LANDを見に行ってきました。

 

LA LA LAND

 

音が良さそうなTOHO 日本橋で予約。
この会はソールドアウトだったので。
予約開始日に予約して正解でした。

LA LA LANDは先にサントラをダウンロードして。
毎日のように聞いています。
曲がすごくよくて。
おそらく、大画面で映像がついて音楽が大音量で流れただけで、感動して泣けると思っていました。
が、本当に音楽と映像だけで感動できるミュージカル映画でした。

テレビでは、LA LA LANDを大々的にプッシュ。
アカデミー賞やオスカー候補など、賞を受賞しまくっているとも宣伝。
私もものすごく期待して見ましたが、これはもしかしたら人によっては期待はずれって言うんじゃないかなーと、映画を見終えた後評価が心配になりました。
ビジュアルはカラフルでポップで華やかでオシャレ。
音楽は最高。
見た目はキラキラしたミュージカル映画でしたが、話の内容は大人向けでした。
内容はそうポップでもカジュアルでもないストーリー。
だから、思っていたものと違う・・・っていう人が少なくないだろうなぁと思いました。

でも、ピアノとトランペットをたしなんだことがある、華やかでオシャレが大好きな私が嫌いなわけない映画。
ストーリーもエンディングも含めて、すごく好きな映画です。
作品として良いと思います。
でも、アートにちょっと疎いところのある日本。
最近、わかりやすい内容の映画やアニメしか評価されていないんじゃないかと思っている日本で、このLA LA LANDの良さがきちんと評価されるかなぁ・・・と心配。

もしLA LA LANDが世界的な大ヒットという理由だけじゃなくて、作品として評価されるのだったら、日本のアートとカルチャー理解もまだまだ捨てたものじゃないと思うのですけど・・・
どうかなぁ。
ちょっと気になるLA LA LANDの評価です。

でも、音楽はホント最高。
映像も最高。
私は好き。
もう一度見ようと思います。

「La La Land」たぶん2回見るから、ムビチケで前売り券二枚購入!

とっても楽しみに待っている映画、La La Land。
ミュージカル映画が大好きなので、気になっていました。
Apple Musicでサントラがダウンロードできたので、早速ダウンロードしたら、もう本当によくて。
毎日のように聞いています。
そして、高まる期待度。

私、気に入った映画は何度も見ます。
だって1度じゃ満足できなくないですか?
少なくても2回は見ます。

熱しやすいタイプの私は、何でも面白かったリ楽しかったリしたものは、2回やってみるほうが良い。
と思っています。
2回やって、また見たい、また行きたい、またやりたいって思ったら本物ですし。
逆に2回やって満足したら、それはそれでよいですし。
消化終了ということで、片付けることができますし。
だから、なんでも2回やってみたほうが良いと思っています。

ということで、La La Landの前売り券二枚購入することにしました。
私、今まで前売り券は買わない派でした。
前売り券って窓口で交換しなくちゃいけないから、席の予約ができないので。
嫌だなーって思っていたんです。

でも、最近の前売り券って違うんですって。
ムビチケ対応の映画館だったら、前売り券で予約が出来ちゃうんですってよ。
しかも、ムビチケの前売り券もネットでチョチョイのチョイっと購入できるんですって。
なんて便利な世の中なんでしょう。

ムビチケという存在は、前から知ってはいました。
TOHO系の映画館で使える、普通の前売り券だと思っていました。
うちから一番近い映画館はMOVIX。
ムビチケは無縁だなーと思って。
ちゃんと知らなかったんですよねー。
でも調べてみたらMOVIXもムビチケ使えるんですって。
知らなかった―。
いつのまに?
っていうか、前から?
MOVIXで使えるし、しかも席予約もできるし。
もう、今までずっと損してたわー

ムビチケでLa La Land2枚購入。
公開が楽しみすぎます。

La La Landのサントラをさっそくダウンロード。期待が高まる!

チラチラ見かけてとっても気になっている映画があります。
La La Land。
ミュージカル映画みたいで。
公開になっている国では大ヒット中なんだそうです。
アカデミー賞にもノミネートされていて。
受賞するんじゃないか・・・と言われているのだとか。

日本では、まだ公開になっていません。
2月の下旬公開。
公開になったら絶対見に行こうと思っています。

今日、Apple Musicのランキングを見ていたらLa La Landのサントラがありました。
早速ダウンロード。
聞いてみたら、すごくいい。
ものすごくいい。
ストーリーも全く知りませんけど、ミュージカル映画のサントラがよければ、間違いなく映画も良いに決まっているじゃない。

公開前に期待で一杯。
早くみたいな。
これは、複数回見る予感がします。
レ・ミゼラブルの時は3~4回見た気がするなぁ。
好きな映画は、何度も見たくなっちゃう派なんです。
夫には、また見に行ったの?って呆れられますけど。
La La Landも間違いなく見るので。
前売り券買っておこうかな
楽しみで、楽しみで仕方がありません。

サントラ聞きすぎて、脳内で勝手にミュージカルシーンを作り上げてしまっています。
どうしよう。
私の妄想ショーの方がよくて。
映画みたらなーんだ・・・ってなっちゃったら。
なんて余計な心配してみたりして。
公開が待ち遠しい!

La La Land
http://amzn.asia/eeOEhFo

ブラック・スワン

「ブラック・スワン」~芸術と狂気について考えさせられる映画

前から見たいと思っていたブラック・スワン。
やっと見ることができました。
とってもいい!

ブラック・スワン

ブラック・スワンは、バレリーナの話です。
ナタリー・ポートマンが演じるニナは、ニューヨークのバレエ団に所属しています。
白鳥の湖の主役に抜擢されて。
大役のプレッシャーからか、役をライバルに取られるかもしればいというストレスからか、精神的にどんどん病んで行って。
幻覚を見るようになって・・・
という話です。

ホラーシーンや、レズシーンなんかがクローズアップされることが多い映画ですが、それはほんの一部だということがわかりました。
これは、いろんな見方のできる映画です。
私にとっては、芸術と狂気について考えさせられる映画でした。

元々、芸術と狂気は紙一重だと思っています。
芸術家や作家、クリエイターがすこし変わっているのはそのせいだと思っています。
凡人では凡作しかできないんです。
ちょっと変わっている、おかしいからこそ、非凡な作品ができるんだと思っています。

ニナは精神的にどんどん病んでいきます。
幻覚と現実の区別がつかなくなっていきます。
完全じおかしくなった状態で、本番を迎えます。
狂気を帯びたニナの演技はとても美しく、人を引き付けて、拍手大喝采なんです。
芸術と狂気は紙一重だと思っていましたが、芸術と狂気が丁度重なったところで最高傑作が生まれるんじゃないかなー。って思いました。

とっても良い映画でした。
もう一度みようかな。

アナと雪の女王

アナ雪でメディアへの露出が増えた神田さやかちゃん…よかったね。

最近、テレビで神田さやかちゃんを見かけることが増えたような気がします。
今日も何度かCMで見かけました。

聖子ちゃんの娘である神田さやかちゃん。
あれだけ有名で、今でも存在感のある聖子ちゃんの娘は、さぞかし大変だろうなー
と思っていました。
何やっても、聖子ちゃんの娘というレッテルは付きまといますものね。
それに甘えてしまうのもありなんでしょうが、若い子にとっては常に親の影が付きまとうのは大変だろうな。
と思っていました。

聖子ちゃんの娘と注目されてデビューして。
しばらくテレビに出ていましたが、段々見かける時が少なくなりました。

やっぱり大変だったのかな?
なんて思っていたら、母娘の関係が悪いなんてワイドショーやネットで言われていたりして。
聖子ちゃんは娘の成功を手助けしたい、娘はそれがウザったい。
そんな感じだったと記憶しています。

わからなくはありません。
どこの親もそうですものね。
それが聖子ちゃんとなれば、影響力半端ないですものね。

さやかちゃんは、聖子ちゃんの元を離れて、ミュージカルの道に進んだんだそうです。

へぇ。

と思って数年。

アナと雪の女王のアナ役で一気にメディアへの露出が増えました。
とっても歌が上手な子だなー
ミュージカルで経験を積んだんだろうなー
とよくわかる歌声のさやかちゃん。

アナと雪の女王

そして、さすが聖子ちゃんの娘。
と言いたくなる華やかさ。

ホントよかったね。
と、なんだか感動しちゃいました。

ミュージカルに居場所を見つけて、成功したさやかちゃん。
最近見かけるCMもミュージカル調の歌を歌うCM。
ミュージカルヒロインと言えば、さやかちゃんを思い浮かべる人も多いんじゃないかな。

聖子ちゃんの娘、を脱却できて。
ホントよかったねー。

なんて、CMで見かけるたびに思ってしまいます。

500日のサマー

映画好きの男友達にすすめられた「500日のサマー」を見た!

映画好きの友達におすすめされた「500日のサマー」という映画があります。
気になったので、見てみました。
勧めてくれた友達は男の子で。
女の子が見ても面白いのかわからないけど・・・
って言っていました。
男の子が、女の子に振り回される話でした。

いたって普通なんだけど、妙に魅力的な女の子サマー。
その子に恋するトムの話です。

500日のサマー

面白いのは、時系列が滅茶苦茶なこと。
サマーに恋した500日間が、バラバラに出てきます。
なので、恋愛がうまく行っているかと思ったら、冷え切っているシーンになったり。
でも、最初に140日とか、340日、とか表示されるので。
いったいいつの話よーともならないのが、この映画の素晴らしいところ。

浮かれているトムと、沈んでるトム。
笑顔でキュートなサマーと、冷たいサマー。
見ていてとっても面白かったです。

私は、サマーがとっても好きです。
サマーみたいになりたいって思います。

この映画を男の子が勧めてきたのが意外でした。
この映画は、女の子向けなんじゃないのかしら?
男の子は、サマーのこと理解できるのかしら?
見る人によってとらえ方が違うのかな?

すごく興味深いです。

今度、友達とこの映画について話をしたなって思いました。

BTTF

「バック・トゥ・ザ・フューチャー」でタイムスリップしてきた日

今日は、バック・トゥ・ザ・フューチャーの主人公たちが未来にタイムスリップしてきた日なんだそうです。

バック・トゥ・ザ・フューチャーは昔見たことあります。
その時は、2015年というのはかなりの未来でした。
映画では、宙に浮くスケボーがあったり、車が空を飛んでいたりして。
私も、おーーー未来だ!!って思って見ていました。

BTTF

それが、今日なんですものね。
へー
面白いですね。

残念ながら、そこまで未来っぽくはなっていませんね。
車は空を飛んでいませんし。
スケボーは相変わらず紙面を這っていますし。
むしろ、スケボーできる場所がどんどん無くなっていますし。

でも、ビデオ電話はできますし、通話料だって無料ですし。
スマホやタブレットもありますし。
実現できていることもありました。

NIKEから、映画に出てくる自動で靴紐が締まるスニーカーが発売されるというニュースを見ました。
すごいですけど・・・
別にそこは自動じゃなくても構わないんじゃないの?なんて思っちゃいました。
特に、外国人。
日本人と違って、脱ぎ履きが少ない文化じゃないですか。
自動がいいなー。ってそんなに面倒くさがっちゃうこと?
なんて、思ってしまいましたけど。
本当に作っちゃう、遊び心のあるNIKEは好感度アップでした。

久々にバック・トゥ・ザ・フューチャー見てみたくなりました。

バラ

川島なお美さんの訃報~最後まで女優としていたかった

今日、家に帰ってテレビをつけたら、川島なお美さんが亡くなったというニュースが流れました。
もうビックリ。
ウソって言っちゃいました。

会見でとっても痩せている姿を見て。
あー。もしかしたら癌が相当悪いのかもなー。
って思いました。
ミュージカルの主演を務めると語っているのを見て。
次の目標で、気力をつないでるんじゃないかな?
って思いました。

体調を崩してミュージカル降板したと聞いて。
大丈夫かな?やっぱり具合悪いのかな?と思っていたのですが、まさかこんなに早く亡くなってしまうなんて。
ビックリした。
そっか。残念だなぁ。

私、一度川島なお美さんをお店で見かけたことがあります。
隣のテーブルに、川島なお美さんのグループがいました。
the 芸能人というオーラ満載の、キラキラしたとっても綺麗な人でした。
とっても華やかな雰囲気の人で。
こういう人が芸能人なんだなー。って思いました。

バラ

そんな川島なお美さん、最後まで女優としていたかったんだという話を聞いて。
川島なお美さんらしいな。
って思いました。
でも、それにしても早いです。
まだ若いのに。
まだ輝いていたかっただろうに。
可哀想だなぁ。
旦那さんも辛いでしょうね。

川島なお美さんのご冥福をお祈りいたします。

美女と野獣

劇団四季のミュージカル「美女と野獣」…結局町出ないんじゃん。

今日は、母と妹と劇団四季ミュージカルの「美女と野獣」を見てきました。
ディズニーアニメがオリジナルで劇団四季のミュージカルときたら、間違いない正統派のストーリー。

美女と野獣
知ってる話だし、とってもわかりやすいミュージカルで。
見ていてとっても面白かったのですけど・・・
私はどうしても言いたいことがありました。

主人公のベルは、

「この町はとっても良い所だけど、ちょっと退屈なの。
私はいつかこの町を出て別の世界を見てみたいわ。」

って歌うんです。

私は、そんなベルに共感。

今回の劇団四季のミュージカル「美女と野獣」、実家のある静岡で観ました。
私も静岡は好きですが、やっぱり閉鎖的で小さいな世界な気がしていて。
ずっと静岡を出たいと思っていました。
で、大学で上京。
今も東京が好きで東京に住んでいます。

そんな地元の静岡で観たので、余計にベルに共感。
うん、うん。わかるよ、ベル。
なんて思いながら見ていました。

でも、そんな私の仲間だと思っていたベルは、結局野獣に変えられてた王子様と結婚しちゃうんです。

しかも、そのお城。
自宅の近くの森の中にあるんです。

なんだよー。
結局町出ないじゃん。

他の世界が見てみたい。な夢はもういいの?

結局、王子さまなのかよー。結局男なのかよー。

なんて私の心の叫びは届かず、ミュージカルはスタンディングオベーションで幕を閉じました。

ま、いい話でしたけどね。

テッド

「テッド~大人になるまで待てない」はオリジナルと全然違う!?

今日、テレビをつけたら「テッド」をやっていました。
テッドは面白いけど下品。という評判を聞いていて。
見た友達は、下品だけど面白いよ。ホント。っていうので気にはなっていたんです。

テッド
テッドは、下品すぎて年齢制限が入っていたんだとか。
今日、テレビで放送されたのは、「大人になるまで待てない編」なんですって。
とてもそのままでは放送ができないテッドなので、吹き替えを子供でも見られるように変更。いくつかシーンをカットしたんだそうです。
へぇ。
そこまでしなくちゃいけないんだ。
って逆にオリジナルに興味がわいてしまいました。

で、なんとなくみ始めたテッド。
思っていた以上に面白くて、いい話で。
確かに、下品なシーンもありましたけど、それよりストーリーの良さが目立っていて。
最後はついついウルっときちゃう話でした。

あれ?
テッドってもっとふざけた話じゃなかったの?
なによ。感動作品じゃないの!

って友達に話しました。

そしたら、

「違うよ、感動作品じゃないよ。下品な映画なんだよ。その下品さがいいんだよ!」

と力説。

あれ?下品さよりストーリーの良さが際立ってたよ?

と話が噛み合わない私たち。

で、友達が録画を見たようで、連絡がありました。

「すごく編集されていて、あれは私が観たテッドではない・・・」

という感想でした。

なるほど。編集版だからですね。
子供向けにつくると、ああなるんですね。

ってことは。
オリジナルはどんなんなのよ?

気になります。

ジュラシックワールド

映画「ジュラシックワールド」は変にひねくれていない娯楽映画。

公開をずーっと楽しみにしていた、「ジュラシックワールド」。
今日やっと見に行ってきました。

私、ジュラシックパークシリーズ大好きなんです。
初めて、友達どうして見に行った映画が「ジュラシックパーク」。
あまりにもリアルな恐竜がもう衝撃的でした。
元々恐竜大好きですし。
ジュラシックパークファンですし。
ジュラシックワールドがつまらないわけありまえん。

ホント、面白かったです。
変にひねくれていない、正しい夏休みの娯楽映画。
映画館で見るべき、ハリウッド大作映画。

ジュラシックパークが大好きな私は、ジュラシックパークのテーマが流れるだけで、もうワクワクマックス。
なんでしょうね。
あのテーマソング。
作った人天才だと思います。

ジュラシックワールド

ちなみに、高校生の時吹奏楽でジュラシックパークのテーマを演奏したことがあります。
私はトランペットだったのですが、かっこいいのですが高音駆使の曲で。
ものすごく過酷でした。
全体的にも難易度が高くて。
定期演奏会で大苦戦したのを覚えています。
あの時、嫌いにならなかったのが不思議なくらい。
でも、嫌いにならなくてよかった。
すごくワクワクする良い曲です。

私は乱視があるせいか、どうも3D映画が苦手です。
うまく見れなくて、目が疲れてしんどいです。
今回も2Dのふつうの英語で観ました。
でも、これはきっと3Dが平気な人は3Dで観るべきだろうなーって思いました。
絶対面白いはず。

ジュラシックワールド良かったです。
おすすめですよ。

永遠のゼロ

「永遠の0」映画版とドラマ版、両方見てみて思ったことがひとつ。

何年か前に映画化された「永遠の0」がこの間地上波放送された。

永遠のゼロ

百田尚樹さんが原作だったかな。
確か、テレビドラマにもなってたかな。
原作は読んだことがないし読む気もない。
なぜなら、私はこの話は好きになれないなあって思っているから。

こういうことがあったんだろうなとは思う。
でも、「死にたくない」とか「生きたい」とか、自分の本音を言うことなんて許されなかったんだろうなって思う。
だから、なんとなく好きになれないんだろうな。
はっきりとコレっていう理由がわからないけど、ちょっと嫌悪感を覚えるのは確か。

この話、賛否両論あるんだよね。
特攻を美化してるとかいうのを聞いたことがある。
私がそこまで興味があるわけではないけど、確かに美化されてる感はあるかも。
批判されるのもちょっとわかる。
なので、フィクションとして見ていることはできるかなあ。

「永遠の0」って、確かアカデミー賞取ってるよね。
V6の岡田くんが主演なので、ちょっと興味はあったけど、見に行くほどではなかった。

気にはなっていたので、見れてよかったよ。
映画版とドラマ版、両方見てみて思ったことがひとつ。
映画版の方がすっきりしていて好きかも。
ドラマの方は、ちょっとだらだら長い感じがしたなあ。

天使にラブソングを

ミュージカル「天使にラブソングを」・・・一つ残念なことが。

今日は、「天使にラブソングを」のミュージカルを見に行ってきました。
私、ミュージカル大好きなんです。

天使にラブソングを

場所は、渋谷のシアターオーブでした。
シアターオーブでミュージカルを何度か見ているのですが、とっても良いシアターなんです。
小さ目で。
どこから見ても、見やすくて。
しかも、渋谷駅直結で。
私の会社は渋谷なので、とっても使いやすい立地。

天使にラブソングをは、映画が大好きで。
だからとっても楽しみにしていたんです。

チケットが取るのが遅くなってしまって、席は二階席。
初めての二階席でした。
でも、さすがシアターオーブ。
そこまで遠さを感じさせず、舞台全体が観れて丁度良かったかも。
もちろん、ステージに近い方が迫力があると思いますが、二階席も悪くないなぁと思いました。

で、ミュージカルはどうだったのかというと、全体的にはとってもよかったです。
主役はもちろん、シスターたちのアンサンブルがパワフルでとっても良かったです。
見習い修道女の若い子もとっても上手で。
他のシスターたちも、チャーミングで。

とっても良かったのですが・・・一つ残念なことが。

修道院長がなぜか音痴で。
音がズレているのが気持ち悪くて。
でも、皆拍手してたんですよね。
もしかして、私だけなのかしら。音程がズレて気持ち悪く感じてたのは。
うーん。
そんな気になることもありましたが、やっぱり歌はいいな。
ミュージカルはいいな。
って最後に思わせてくれる、楽しいミュージカルでした。
見に行って良かったです。

シアターオーブの予定を見ていたら、12月にシカゴをやるそうです。
私、映画のシカゴも大好きなんです。
次は、シカゴ見に行こうかな~

 

最近、miwaがハマっているエステがこちら。その名もエステタイム。
エステタイムの脱毛の評判は…
http://www.esthetime-kuchikomi.info/

脱毛はやっぱ、女子はやらなきゃですよね。
しかも、エステタイムは、脱毛だけでなく、痩身なんかもあるので、
ムダ毛が綺麗になくなったらダイエットもやっぱやりたい、なんていう人にも最適。
エステタイムは、大阪だと梅田、寝屋川、りんくうにあります。
ミュゼとかじゃつまんない人、ぜひ!